【薬膳料理】優れた整腸作用「かぶと油揚げのあんかけ」で便秘解消に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ


かぶは優れた整腸作用を持っていて、薬膳効果のある油揚げと一緒に煮てあんかけに!

最近不規則がたたって便秘になることもあり、その上頭痛の酷い日が多くてつらいんですよね。ビタミンCも豊富なかぶは、腸の働きを活発にして便秘解消してくれるだけでなく、イライラや頭痛にもよいそうなので早速作ってみましたよ。

スポンサーリンク

かぶと油揚げの薬膳効果

かぶは、消化酵素のアミラーゼを多く含んでいて整腸作用に優れた食材で胸や腹部が冷えることから起こる痛みを、気を巡らせて緩和する働きがあるそう。さらに油揚げの食物繊維と油が加わることで腸を潤し便通を改善してくれるのね。

薬膳 便秘

油揚げと一緒に煮てとろみをつけて食べやすくしましたよ。

便秘の方はもちろん、頭に登った気を降ろす作用もあり、高血圧やのぼせイライラや頭痛など、熱を持った腫物などの改善効果も期待できるそうなの。
かぶの葉も大根と同様ビタミンCが豊富なので、色合いに添えてみましたよ。

気滞(きたい)・陰虚(いんきょ)体質の方にオススメ!

◆気滞(きたい)とは、漢方独特に概念で気がスムーズに流れない状態で、必要なエネルギーの停滞。
◆陰虚(いんきょ)とは、血液・体液の減少や、慢性的な組織の障害をいいます。 本証は慢性疾患が長引いて体力が低下した方や、生来の虚弱体質の方などにみられます。 陰虚は主に腎陰虚のことで、陰虚の程度が比較的軽い方は腎陰不足といいます。<wikipediaより>



かぶと油揚げのあんかけレシピ

しょうがが効いているので少し薄めの味付けですが、お好みで味を調整してみてね。

薬膳 かぶ

<材 料>(5人分)
 ・かぶ    ・・・5個
 ・鶏ひき肉  ・・・80g
 ・油揚げ   ・・・1/2枚
 ・かぶの葉  ・・・2本
 ・ゆず    ・・・少々
 ・だし    ・・・2カップ
 ・砂糖    ・・・小さじ1
 ・水溶き片栗粉・・・適宜

(調味料A)
 ・しょうゆ  ・・・小さじ1
 ・みりん   ・・・小さじ1
 ・しょうが  ・・・少々
 ・片栗粉   ・・・少々
(調味料B)
 ・しょうゆ  ・・・大さじ2
 ・みりん   ・・・大さじ2
 ・しょうが  ・・・大1/2





かぶと油揚げのあんかけの作り方

調理時間は約30分

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

1.かぶは葉を切り落とし洗って底が平になるように切って、各1個ずつサランラップに包んで1分温めたら、真ん中をくり抜く。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

2.油揚げは半分に切り1cmくらいの千切りにする。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

3.鶏ひき肉は調味料Aで味付けし片栗粉を入れて少し練る。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

4.かぶの中心をくり抜き、3のひき肉を詰める。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

5.鍋にかぶを並べて油揚げ・だしと砂糖を入れる。

6.少し煮立ったら調味料Bを入れる。
7.弱火で約7~8分に含め最後に強火にしてかぶの葉を入れる。
8.水溶き片栗粉を入れてさらに弱火にして2~3分。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

9.器に盛り付けゆずの皮を切ってのせる。



かぶと油揚げのあんかけの感想

鶏のだしとしょうがが効いて食欲をそそる一品。
しょうがが胃でポカポカして体が温まりますよ。

薬膳レシピ かぶと油揚げのあんかけ

最近薬膳料理を作るようになって、少し手をかけただけで、子どもたちは嬉しいらしく興味を持ってくれているのね。
蓋つきのお椀に盛り付けてもステキ!!

薬膳料理は食べ合わせで体にいいことがわかって来たので、ストレスやイライラ、頭痛など体調に合わせて作ってみようと思います。

かぶの旬は3月~5月、10月~12月
選び方は、葉の緑色が鮮やかでみずみずしく、実は白くて光沢のあるもので、ひげ根がピンとしているものを選ぶとよいです。

<かぶの栄養成分> 100g中
・カリウム :280mg
・カルシウム:24mg
・ビタミンC:19mg




参考文献:薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖


今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

ステキな一日をお過ごしくださいね(*^-^*)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加