薬膳・漢方検定を無事受講して来ましたよ(-“-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬膳・漢方検定試験会場


第2回薬膳・漢方検定試験が無事終了!!
東京会場は、法政大学市ヶ谷キャンパスでした。

驚いたのは受講する年齢層の広さと数。

スポンサーリンク

第2回となる薬膳・漢方検定試験会場はこんな感じ

東京会場となる第2回の会場は法政大学市ヶ谷キャンパス55・58年館3階。
他にも大阪と名古屋でも実施されているのね。
東京会場だけでも教室がいくつかに分かれていて、私は835教室でした。

薬膳・漢方検定試験会場

1教室には約300人くらいの人が受講している。
1テーブルに横4人が離れて座っているのね。

久しぶりの試験でとても緊張したよ~~(;’∀’)


薬膳・漢方検定試験の持ち物

午後13時30分から開場でしたが、到着したのは13時20分くらい。
ポツポツと受講者が座っていました。


持ち物は、約1週間前くらいに届いた受講票とHBかBの鉛筆かシャープペンシルと消しゴム・時計のみ。
汗をかく時期なのでハンカチやタオル・ルーペは許されました。
というのも年齢層がたぶん60代くらいの方もいたと思うのね。

薬膳・漢方検定試験

もちろん若い学生らしい人や男性も数人くらい。
年齢に捕らわれず挑戦できるのが、この検定なんだね。


試験は60分

100問はマークシート方式で、試験の10分前に試験の説明があるのですが、その前に受験番号と名前・生年月日をマークシートに記入。
裏面にアンケートもあって、時間のある人は記入してくださいと!

しかし試験前に記入できる範囲で記入しましたが、そんなゆとりがありませんでした。
開始から半ばで「あと30分」とビクッとしました。

あ~いうのさらに緊張が高まるよね。
せめて10分前くらいまで声をかけないでほしいわ!
しかも試験の途中で見回りに来た人が、一枚一枚受講票を手にとって確認しにくるのね。

薬膳・漢方検定試験

試験の緊張で口が渇くし、たった60分間はあっという間に終わってしまいました。
でも最後までやって、チェックしておいた不安な問題を再度チェックして良かった問題と間違えた問題があったのよ。

問題は、コラムや縦横にさまざま引っかけて出してくる。
例えば、間違いを探す問題や合っている回答を出す問題。
食べ物の帰経を当てる問題は、食べ物ごとの特性とどの五臓に優先して作用するかを示すのかを回答するなど。。


薬膳・漢方検定試験を受けた感想

でもなんでも挑戦することに価値があると思うのね。
今回覚えたことは、家庭の献立にも役立つ訳ですし、超久しぶりに勉強して頭の血流もよくなった気がする!!

薬膳・漢方検定試験会場

そして、受講者の年齢層の広さからまだまだイケルと思ったよ。
今回間違えた問題も合っていてホッとした問題も、結果覚えたんだからすべてよしということで、次の試験に挑戦するよ~~♪
ちなみに今回に試験の結果は8月下旬に合否の通知が届きます。

来年受けてみたい方は、まだ書籍は販売していますよ。


薬膳・漢方検定公式テキスト 日本漢方養生学協会認定



最後までお読みくださりありがとうございました。

なんとか試験が終わってホッとしましたぁ(*^-^*)
緊張したけど、楽しかったよ♪


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加