春の美しさを引き出すお茶&はと麦の美肌パック作りセミナーに参加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美肌パック作り
Pocket


春の美しさを引き出すお茶&はと麦の美肌パック作りセミナーに参加しましたよ。

薬膳の基本である漢方のセミナーなので、とても楽しみだったのね。(実際はキャンセルが出たのでなんとか参加 汗)
もう夏みたいな暑さでしたが、この季節におを整えるのに効果的な美肌パックを作ったので、公開しちゃいます♪

スポンサーリンク

体験する漢方の美養レッスン


漢方ミュージアムにて、春の美しさを引き出すお茶とはと麦の美肌パック作りを体験!!
お肌は内臓の鍵なんですって。

美肌パック作り

だからお肌の調子が悪いからと、高価な化粧品を変えても中から変えないと治らないんですね。
寝不足でゴールデンタイムもバッチリ起きてて、食生活も悪かったらお肌が悪くても納得いくもの。

美肌パック作り

簡単な漢方のお話を伺ったけれど、その元になっている本が全部中国語なの。なんとなく漢字でわかるような気がするけれど(汗)

漢方茶

「補う」と「めぐる」の2種類のお茶を試飲させていただき、美肌パックで選ぶ和漢美容液の説明を受けたのね。
とはいっても、自分に合うお茶を飲むことが大切なので、そこはしっかり押さえたいところ。





春の食養生

【苦味で解毒】
春の旬の食材は、苦味がある菜の花・春菊、うど、ふきのとうなどの葉野菜や山菜が良いそうよ
他にもセロリ、菊花、ミント、パセリ、みつばなどの香味野菜も!

【甘味で建脾】

あわ、麦、きび、米、豆、はとむぎなどの雑穀
ニンジン、キャベツ、たけのこ、アスパラガスなどの旬の野菜。

春は植物が芽吹く季節ですが、環境の変化などで自律神経が不安定になりやすい季節なんですね。
そんな春は朝早く起きて、新鮮な空気をいっぱい吸って「陽気」を吸収しながらのんびり過ごすのが大切なんですって。

漢方では、お肌は内臓の状態を反映した鏡なので、肌トラブルの原因は内臓にあるそうなので、できる限り旬の食材を食べよう!!。





はと麦で美肌パック作り


和漢素材で内と外からの両面ケア

美肌パック作り

ハトムギ(ヨクイニン)っていうのね。


<排毒タイプの方>
和漢素材のお茶 ドクダミ・緑茶・熊笹、薔薇、なつめ、ゆり根 (和漢美容液 しそ or オウゴン)

<巡りタイプの方>
和漢素材のお茶 小麦・なつめ、蓮の実、熊笹、ジャスミン、エゾウコギ (和漢美容液 トウキ or ボタン)

<補うタイプの方>
和漢素材のお茶 なつめ、紅茶、クコ葉、高麗人参、霊芝 (和漢美容液 ニンジン or シャクヤク)

和漢美容液

和漢美容液は、ニンジンとシャクヤクを選びましたよ。


はと麦パックの作り方は、意外とカンタンだった。
【材 料】
・はと麦粉・・・20g
・水   ・・・適量
・和漢スポッツ・3~4滴
和漢スポッツは漢方ミュージアムのオンラインで購入できます。

美肌パック作り

はと麦粉を20gに和漢美容液のニンジンとシャクヤクを2滴ずつ入れて。

美肌パック作り

木べらでかき混ぜ、水を適量混ぜ合わせます。(ちょっと入れすぎたかも。。)

美肌パック作り

泥パックみたいな感じで手に塗ってみたよ。

美肌パック作り

万遍なく伸ばして約5分おきます。


和漢素材ってなんとなく体に良さそうだけど、材料が集めにくいと思いがちだけど、はじめからムリって思わずに取り組んでみたい。

自然な物で作る食材には、お茶、コスメ、入浴剤など、その性質や個性を活かして何通りもの使い方が楽しめるそうなのね。
ちょっとしたコツを体験セミナーで実践して自宅でも取り入れたいと思ったワンデー体験セミナーだったよ。

最後までお読みくださりありがとうございました。

少しだけ興味を持っていただけると嬉しいな。自分の体に合った食材というところがポイントね。
いろいろなタイプの人に合う薬膳をご紹介していきますね。

明日もステキな一日をお過ごしくださいね(^^)/~~~


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加