新型インフルエンザや風邪の予防に高麗人参漬けで免疫力アップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高麗人参
Pocket


お正月の不節制が祟って体調を崩し、風邪の症状で薬を飲んでもなかなか効きません。

そんな時に、実家でいつも出されるクスリが高麗人参の焼酎漬けなのね。
これでうがいすれば、咳はぴたりと止むんだよね。

小さな頃は、おばあちゃんにどんな病気も怪我もやけども、マムシの焼酎漬けをくれたの。

でも今はマムシを捕まえることすら出来なくなったんだよねw

高麗人参独特の香りと苦味は、喉にじ〜〜んときて、喉に刺さるような痛みが走ると、それまで喉の障害物がつるんとした感触に変わるの。


スポンサーリンク

高麗人参の焼酎漬け

高麗人参の焼酎漬けは、虚弱体質の改善や低血圧の人や低体温の人にはオススメですが、高血圧の方や火照り症の方は、お医者さまと相談された方がいいそうなのね。

高麗人参の栄養

マグネシウムやカリウムなどのミネラル、サポニンやビタミン、必須アミノ酸、脂肪酸、香気成分を含んでいるのね。


高麗人参


高麗人参の効果

高麗人参の効果は、疲労回復やストレス、免疫力アップ、風邪の予防や認知症の予防にも良いとされて、血液の循環を促進して新陳代謝を高めてくれるそうなの。



高麗人参の焼酎漬けの作り方

生の高麗人参を漬ける場合、

◯高麗人参・・・200g

◯35℃のホワイトリカー・・・1.8リットル



高麗人参

生の高麗人参は土を落としてよく洗い、焼酎と一緒にガラスの瓶に入れて、冷暗所で1〜2ヶ月おけば飲めるようになるから、意外と手軽に作れるのね。



高麗人参の選び方

高麗人参の選び方は、最高級と云われる6年根の紅参(こうじん)ががいいんですね。人参の種類によってサポニンの含まれる量が違うので、紅参(こうじん)を選ぶのね。

高麗人参は栽培年数によって、1年根〜6年根までの6等級に分かれていて、6年根がサポニンがバランスよく均一でしかも一番多く含まれているの。

サポニンのバランスが均一なことが、6年根であることより大切なんだそうですよ。
それに、胴体よりもヒゲに3倍のサポニンがl含まれているんですって!





高麗人参の価格

高麗人参の生200gっていくらするものなのか?

6年根の紅参ともなると、100gで7,000円くらいするのね。

4年以下の根は安価なんだけど、6年根ともなると栽培が難しいらしいのね。

高麗人参漬けの感想

健康ってホントに大切なので、体質改善にも毎日10cc飲むといいそうなの。

今回は、喉が痛く頭痛や寒気でまずい!!と思ったので、飲んでみた。
ウソみたいに喉の痛みにはてき面だったわよ。

高価なものだけど、そろそろ自分の身体のメンテナンスがとっても大切だと思った!
でも身体の状態で治る時間も違い、一日何回かうがいし、しっかり休息をとることが大切。

50代を過ぎると、1年1年の身体の変化を感じるのね。
健康でなくちゃ、生きている楽しみがないよね。

年明け早々に高麗人参漬けに助けられました〜(笑)




高麗人参の6年根オススメはこちら↓

sitemap_l2【RCP】人参酒を作ってみませんか? 生高麗人参 6年根 (大) 約200g



今年も健康で元気に過ごしましょうね♬

最後までお読みいただきありがとうございました。

今帰宅しましたよ〜〜*\(^o^)/* 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加