多汗症に良い薬膳「モチ米入りご飯&焼き魚の梅あんかけ」セミナーでいただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多汗症のよい薬膳
Pocket


漢方スクールの薬膳セミナーに参加してきましたよ。
本日の薬膳料理は、汗かき(寝汗も含む)の薬膳「モチ米入りご飯&焼き魚の梅あんかけ」

汗かきの方の薬膳料理付きセミナーだけあり、超人気のセミナー。

キャンセル待ちで空きができたので、参加できたほど。セミナーの内容を公開しますね。

スポンサーリンク

多汗症の症状と原因


汗をかくと体力が消耗するそうですよ。単純に汗をかくだけでなく、汗には体液に近い成分が含まれていて汗と一緒に栄養も排出されてしまうんですって!

もちろん汗には体内の余分な熱を冷ます目的があり、人の体は寒いと感じると体温を守るために皮膚が一斉に閉じて体温を逃がさないようにしてくれるので、改めて人間の体は本当によく出来ているんだぁって思いましたよ。

最近熱中症で死亡するニュースがありましたが、体内の余分な熱を調整できずに熱中症になり熱がこもってしまうので脱水症状になり命の危険に及ぶのね。。

薬膳では気という言葉をよく聞きますが、体の栄養と共に気も一緒に流されるそうですよ。
体の塩分や体液にミネラルなど必要なモノが抜けていくことで、脳が働かなくなるんですね。

天気や厚着、運動などによって汗をかくのは生理現象ですが、ちょっとした動きで汗が止まらなくなる人。
昼間起きている間の汗は「自汗(じかん)」、眠っている時にかく汗は「盗汗(とうかん)」というのですね。

汗かきの原因は、ストレスによるものや、夜ふかしで睡眠不足によるもの、休息不足などで汗をかきやすいそう。
虚弱だから汗をかく。
汗にはいろいろな体質やタイプがあり、そのために必要な食材も違うそうですよ。



多汗症によい食材


甘味のものが多くて、甘味は補液、緩急、調和してくれるのね。
汗には栄養も入っているので、あまり汗をかきすぎるのはよくないそうよ。

汗をかくのは、体温調節で体を冷やすのが目的だけど、

◇雑穀:粟、麦、キビ、豆、ハトムギ
◇甘味のある野菜:人参、ユリ根、春キャベツ、タケノコ、アスパラガス
◇生薬:人参、山薬、ナツメ、五味子(ごみし)、甘草など。

蓮の実(ハスノミ)

ほてりやすい方には、ヤマイモがおすすめ。
体を冷やす食材には、苦味のあるモノが多く苦瓜やセロリ。

<収斂効果(しゅうれんこうか)をもつ食材>

ウメショ番茶
発熱、汗かき、下痢などによるのどの渇きを改善する
慢性下痢と食中毒の下痢を改善する。

五味子(ゴミシ)
虚弱体質で慢性の下痢、自汗、頻尿、盗汗、などによい。
動悸や不眠にもよい。


安休茶

ジャスミン・小麦・ルイボス、ラベンダー、霊芝、紫蘇葉でリラックスするそうよ。

安保茶

紫蘇は汗をかきやすい方におすすめ。

安休茶


モチ米入りごはんと焼き魚の梅あんかけ


多汗症のよい薬膳

<材 料>(4人分)
魚(鯛) 4切れ (縦に数本切り目を入れ塩をふっておく
豆腐   1丁 食べやすい大きさに切っておく
万能ねぎ 適量
サラダ油 適量
塩    適量
片栗粉 大さじ1 (水大さじ3で溶く)
A:にんにく2かけ、梅干し 2個
生姜1かけ (合わせてみじん切り)
B:料理酒、醤油各大さじ1
昆布だし 100cc

多汗症薬膳レシピ

【作り方】
1、熱したフライパンに油を入れ、白身魚を両面焼いてきつね色になったら豆腐を上に並べる。

2.1のフライパンにAとBを入れて、蓋をして約5分間煮る。
3.塩で味を調え、水溶き片栗粉を入れて、とろみがついたら火を止める

焼く魚の梅あんかけ

4.万能ねぎを上にのせて出来上がり。


蓮の実、ナツメとピーナッツのお粥

蓮の実、ナツメとピーナツのお粥

<材 料>(4人分)
・米(もち粟、白米半々)1/4合
・蓮の実 20g
・乾燥ピーナッツ 大さじ4
・ナツメ   12個
・水  600~800cc

蓮の実、ナツメとピーナツのお粥 蓮の実、ナツメとピーナツのお粥

<作り方>
1.すべての材料をキレイに洗っておく。
2.土鍋に水を入れ強火にかけ、沸騰したら1の材料を加えて、再び沸騰させたら弱火にして1時間~1時間半煮る。
  蓮の実が柔らかく煮えたら、甜菜糖を入れて出来上がり。

蓮の実、ナツメとピーナツのお粥

今回は甜菜糖は入ってないそうですが、ナツメが甘くで調度よかったよ。
今日はものすごく暑かったので多汗症でなくても汗がでましたね~!!

なので、調度よかったのね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

明日は少しは暑さが和らぎそうですが、熱中症には気をつけましょうね。


ステキな一日をお過ごしくださいね(^^)/~~~


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加