夏太り防止にクールダウンな食べテク薬膳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴーヤチャンプルー作り方
Pocket


暑さでヘロヘロなのに。。痩せない!!
夏は汗をかくと「気」も一緒に排出されるんですよ。夏バテの原因は「気」が不足すると、「基礎代謝が下がる」ので、夏バテするし太りやすくなるんですね。

スポンサーリンク

夏は冷たいものを控えたい


つい暑いと冷たいモノを飲んだり食べたりしたくなる!
でも臓器や脾・胃に負担がかかることは間違いないでしょう?

体を冷やす

負担がかかると代謝が落ちて、冷えて血流が悪くなり、さらに代謝がダウンするのよ。
なので、食材そのものがもつ力でクールダウンすることが大切。

薬膳では、体を温める「温熱性」冷やす「寒涼性」中間の「平性」の食材があるんですよ。
おすすめはゴーヤ。


ゴーヤチャンプルー作り方

体の余分な熱を取ってくれて夏バテも解消されるんです。


夏のクールダウン食材

天然の冷房食材は、ゴーヤの他にスイカの皮、ミョウガ、トマト、キュウリ、レタスや南国系フルーツもおすすめ。
ただしフルーツは冷やし過ぎないのが大切ですよ。
食材自体が冷やす効果があるので、程よいくらいで取り入れてね。


ゴーヤチャンプルーの作り方

ゴーヤと言えば苦味。この苦味成分のモモルデシンには解毒作用や血糖値を下げる効果や便通や糖尿病の予防にも良いのね。
この苦味のとり方は、ゴーヤの中の綿をキレイに取り除き輪切りにして塩で揉んで約10分放置。

ゴーヤチャンプルー作り方 ゴーヤチャンプルー作り方
ゴーヤチャンプルー作り方 ゴーヤチャンプルー作り方

塩を流水で洗いながしてから水気を切っておく。

ゴーヤチャンプルー作り方

溶き卵、豆腐は、水気を切り角切りにしておく。

ゴーヤチャンプルー作り方

豚肉を炒めたらゴーヤを入れる。
ゴーヤチャンプルー作り方

その後豆腐を入れて塩・コショウとガラスープ、醤油少々を入れて炒める。

ゴーヤチャンプルー作り方

溶き卵を入れて軽く火を通す。

ゴーヤチャンプルー作り方

これで完成!!

ゴーヤチャンプルー作り方

苦味の少ないゴーヤチャンプルーの出来上がり!!

スイカの皮もトマトやナスとスープにすると、体内の温度を下げるので夏は食材の選び方で痩せて夏バテから体を守りましょう!!
食材で太りやすくなるので、間違っても冷たいソーダやコーラには手を出さないように、どうしても飲みたい場合、梅・ソーダ・はちみつに変更よ~(*^-^*)


最後までお読みくださりありがとうございました。
明日は最後の休日を楽しんでくださいね~~~♪



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加