のどの傷みイガイガに手軽に作れる薬膳「はちみつ大根エキス」が効果的

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はちみつ大根エキス


最近は急激に寒くなってのどが痛い!なんてことありませんか?
薬を飲む前に手軽にできる薬膳「はちみつ大根エキス」がとっても効果的なんです。
あのオペラ歌手も愛飲するはちみつ大根エキスの手軽な作り方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

どうして秋はのどが痛くなりやすい?

秋に入ると気温が下がり空気の乾燥と共に「肺」が乾燥するんですね。

咽喉の傷み 原因

肺が弱まると血液循環や水分代謝が悪くなり、免役力も落ちて風邪をひきやすくなるんだそうですよ。
秋は夏の疲れを癒し冬の寒さに備えるために根菜類で滋養を蓄える季節で、かぼちゃや大根などは積極的に食べたい食材なんです。

「肺」が乾燥すると呼吸器系やお肌も乾燥するんですね。
肺をいたわりのどにもよいのが「はちみつと大根」
肺が潤うと呼吸器やのどの傷みやイガイガも改善されるんですよ。


ちょっとのどが不調と思ったら

「未病」という言葉がありますが、なんとなくだるかったり気分がすぐれない時がありますね。
のどの痛みを感じる前に予兆がでるんです。

女性には特に生理があるため、血も気も不足しやすく不調を感じることが多いもの。
40歳後半になると特に体調の変化も感じやすくなるんですよ。
そんな未病段階こそ、効果バツグンの薬膳パワーでのりきりたいです。
ただ薬膳エキスを飲んでも治まらない時は早めに病院へいってくださいね。


はちみつ大根エキス

秋は大根がおいしい季節で大根おろしにヨーグルトを混ぜてはちみつをかけると便秘にもよいんですね。
特に便秘の酷い方は夜眠る3時間前に食べると効果的なんだそう。

のどの傷みや肺など呼吸器系に効果的な「はちみつ大根エキス」
家庭で揃う手軽な食材なのととっても簡単なのでぜひつくってみてくださいね。

のどの痛みによい食材

<材 料>
大根 ・・・1/6本
はちみつ・・適量
大根がひたひたになるくらい。


のどの痛みによい食材

はちみつ大根エキスの作り方

1.大根は皮をむき1.5cm角のサイコロ状に切る。
2.保存用の瓶に入れ、はちみつをひたひたに加え蓋をして冷暗所におく。

のどの痛みによい食材

3.約1時間おくと大根からエキスが出てくる。
※大根がしなびるまで何度でもとれる。


はちみつ大根エキスを飲んだ感想

はちみつは万能薬ですね。
美肌効果もあるので、常に作り置きしたと思いましたよ。

のどの痛み薬膳

大根臭さもそれほど気にならず、飲んだ後にのどや呼吸器がスッキリした感じがします。
やっぱり薬膳のパワーってすごいと改めて思いました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

シルバーウィークは明日から実家へ帰省予定。
お墓参りしてご先祖さまに感謝の報告をしてきます(^^)/~~~
ステキな休日をお過ごしくださいね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加