冷えた身体がぽっかぽか!HotTab(ホットタブ)重炭酸湯で翌朝までぐっすり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットタブ入浴剤口コミ

オーガニックライフへご訪問いただきありがとうございます。
HotTab(ホットタブ)を4錠入れて重炭酸風呂に入ってみました。
家族3人しっかり温まって朝までポカポカでぐっすり眠れましたよ。

スポンサーリンク

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯の濃度

前回の1錠と比べて4錠だと炭酸が4倍だけあってお湯がすごくまろやかであったかい!
5錠入りだったため5回入れたらいいなぁと思ったんだけど、濃度はすごく大切。

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯レビュー

やはり濃度が違うと効果も半減。1錠でも確かに温まったけれど、持続力が違うのね。
4錠入れたお湯に腕を入れていると炭酸水素の泡がいっぱいになり、腕が真っ赤になるほどあったか~い♪

それから、息子たちがそれぞれ入って約1時間半後に入ってみたの。
お湯がいつもなら冷めているのにお湯がとても温かく感じて、1時間半が過ぎているのにもかかわらず、まだ炭酸が残っていたよ。
24時間経過してもほとんど炭酸水素イオン濃度が落ちることはないので、1日後に沸かしても効果は変わらないそう。

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯レビュー

ぬるま湯なのに、ぬるま湯に感じないくらいだんだん熱くなってきて、汗がドンドンあふれてきたのね。
入浴してから少しずつ泡が肌についてきた。

ホットタブ入浴剤の効果

すごくぬるいはずのお湯なのに、重炭酸湯の効果を感じられたのね。
でも肩まで浸かろうとすると160㍑だとお湯が少ないので、肩まで浸かれるたっぷりの湯量は欲しいな。
湯量を増やす場合、タブレットも5錠入れればいいそうよ。

15分も入っていたら、汗がポトポト落ちてきて、身体の中からジンジン熱くなってきたので規定量を守って正しい濃度で一日の汚れと疲れを落としたいよね。

普通の炭酸と重炭酸の違い

炭酸入浴剤が売られているのに、ホットタブ重炭酸入浴剤とどう違うの?
炭酸入浴剤は酸性で、空気中に飛びやすく炭酸ガスはあっという間に消えてしまうのに対して、重炭酸湯タブレットには、炭酸ガスはほとんど存在しないんですって!

ホットタブは、血液と同じ中性ペーハー(PH)だからお肌にも風呂釜にも安心して使えるという訳ね。

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯口コミ

湯に入れると炭酸ガスが溶けて重炭酸イオンになる。
実は、炭酸ガスの濃度より大切なことは水に溶けやすい重炭酸イオンですって。
この重炭酸イオンについて調べてみたら、重炭酸イオンが中和させる役割があり、身体を疲労回復やゲンキにする元になるのね。

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯口コミ

重炭酸イオンは、シャンプーなどで落とせないプラスイオンのマグネシウム・カルシウム・鉄・亜鉛といったミネラル皮脂汚れを落とせるそうよ。

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯へ入った感想

あの北川景子さんも愛用しているという「ホットタブ重炭酸湯」
汗をかきたいので、使っているそうですよ。

ホットタブ入浴剤口コミ

無色透明で無臭でカルキが抜けるので、赤ちゃんでも入れるのね。
成分もシンプルで、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム。
無水クエン酸、PEG6000、アルカンスルホン酸ナトリウム。

さすがに2人の息子が入ったお湯ですから、ちょっと髪の毛は洗えませんでしたが、息子たちは脂ののった年代ということもあり、体臭がすごいのに最後のお湯にしては無臭でした。加齢臭も体臭も消えるのね。

30錠入りで2,700円(税込)7日分で1回386円。3人家族なら129円/人。
1人住まいだと高価ですが、家族で入れるので30錠入りを購入しちゃいました。

ホットタブ入浴剤口コミ

重炭酸湯に入った後のお肌がツルツルで、身体が温かいと良質の睡眠がとれて朝までぐっすり眠れるのね。
アトピーの方は低温でじっくり入り続ければ、体温を上げて免疫力もアップするそうよ。
今までなかなか寝付けなかったり、スッキリしない朝を迎えることも多かったので、身体が温めると生活のリズムも変わるのね。

私の場合35.8℃なので、低体温なのね。そんな人や夜更かししてしまう人、冷え性や疲れやすい方自律神経が崩れている方にはおすすめだと思う。それに、なんといっても家族で浸かれるのがいいよね。

今月誕生日月なので、500ポイントを使って2,200円(税込)送料無料。
定期購入を申し込むと送料無料で10%オフ、さらに誕生日月は無料になるんですよ♪

HotTab(ホットタブ)重炭酸湯のご購入はこちら
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓



薬用Hot Tab【温活365】

最後までお読みいただきありがとうございました。

ステキな一日となりますように♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加