健康レシピ!ごまの健康効果とごまレシピ(≧▽≦)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ごまのおから
Pocket


手軽にできる健康レシピ!
といってもそんなスゴイレシピではないのですが。。。(;’∀’)

ごまは体にいいって言いますが、どんな効果があるの?

ごまを使った手軽のレシピと一緒にご紹介しますね。

スポンサーリンク

ごまのレシピ

ごまレシピ

【ごまのおから】

先日購入して来た「ごまのおから」を使ってみましたが、普通にすりごまでいいと思うんです。こだわり人は有機ごまをどうぞ!

ごまのおから ごまのおから
P1050522 ごまのおから

ごまのおからにA調味料で煮た野菜を入れて混ぜるだけなの。

・ごまのおから・・・1・5カップ
・人参・・・適量(20g)
・ほうれん草・・・1本
<調味料>
・だし・・・大さじ5
・三温糖・・大さじ1/2
・醤油・・大さじ1
・みりん・・大さじ1


大根サラダにごまドレッシングをかけて食べる!

ごまのおから

【ごまドレッシング】

ごまの風味がドレッシングでも活きているので、ドレッシングだけでなくそのまま掛けちゃいました!!

・ごまのおから・・・大さじ3
・オリーブ油・・・大さじ1
・三温糖・・・大1/2
・塩・・・小さじ1/4





ごまの効能

活性酸素の7割は肝臓で発生するそうなの。

体内にはもともと活性酸素を撃退する酵素があっても、年齢と共に減少してしまうので、肝機能が低下して体内に老廃物が溜まるんだそうなのね。

ごまの栄養

その結果、肌あれや肥満などの老化を引き起こす。

ごまに含まれるゴマグリナンは、血液中では力を発揮しませんが、肝臓に到達してはじめて抗酸化作用を発揮するそうなのね。

肝機能の改善にはゴマリグナンが最適ってことなのね。



1日に必要なごまの摂取量

ごまの摂取の目安になる量は、1日大さじ1~2杯(10~20g)

ごまの栄養

なぁんだたったの1杯なの?と思ったりしませんか?
でもたったの1杯のごまが摂取できてないことが意外と多かったりするんです。

たった大さじ1~2杯のごまを毎日摂り続けていれば、肝機能が正常に働いてくれるんですよ。



ごまの健康

ごまには活性酸素を撃退するパワーがあるんですね。

ごまの栄養 ごまの栄養

・老化防止によるアンチエイジング効果
・血管の壁にたまったコレステロールをキレイに除去
・美肌効果・・・肝機能が控除し肌の細胞の代謝を促進
・ダイエット(体脂肪の減少)ゴマグリナンが肝臓の脂肪を分解して脂肪を燃焼しやすくする働き



肝機能の改善にはゴマリグナンが最適で、肝臓に直接効くのはゴマリグナンだけだそうです。
ということは、ごまが健康にとっても大切ってことでしょ!!!



ごまの底力

ごまを1日大さじ2杯、ご飯にかけてもお味噌汁に入れても食べられるんですよね。

ごまの栄養

ごまは、どんな病気の予防になるのか!!!

・脳梗塞の予防
・ダイエット(体脂肪の減少)
・心臓の血液を送り出す負担を和らげる
・脳卒中の予防
・老化防止
・アンチエイジング(血管の若返り)
・便秘解消(黒ごま)
・冷え予防(黒ごま)



これを知ったら、すぐごまの健康と予防すぐにはじめられそうでしょ(≧▽≦)

いえ、はじめましょう!!
どうせ取るなら有機のごまをおすすめします(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加