【薬膳レシピ】便秘とお肌の乾燥に良い薬膳料理セミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便秘によい薬膳レシピ
Pocket


漢方スクールの薬膳セミナーで、便秘と乾燥に良い薬膳レシピをいただきましたよ。
贅沢にも薬膳料理をいただきながら、セミナーを受けられるので、いつも満席でキャンセル待ちで入る人気のセミナーです。
今回は便秘とお肌の乾燥に良い薬膳セミナーでした。

スポンサーリンク

漢方スクールの薬膳セミナー

今月から漢方スクールの「中医さんが教える薬膳セミナー」はプレミアムコースに参加して来ました。

薬膳料理便秘とお肌の乾燥

今日も満席のこのセミナーは薬膳を学びながら、薬膳料理を堪能できるのでとっても人気なんですね。

年齢もやはり40代~50代くらいの方が多いでしょうか? 今までは女性がほとんどでしたが、今回男性が2名いらっしゃいました! 一番自分の体の不調や家族の体を気遣う年齢なんでしょうね。

それに便秘で悩んでいる人多いじゃないでしょうか? 特に女性

今回は便秘とお肌の乾燥にも良いということで、みんな真剣に聞いてみえましたよ。

鴨と蓮の実の煮物

薬膳料理は、便秘とお肌の乾燥によい薬膳料理です。
夏の暑さで体調が崩れやすくこれからさらに秋が深まり冬に向かって、お肌の乾燥が気になる季節に入るんですね。


鴨肉と蓮の実の煮物

鴨肉は「陰性(いんせい)」鶏は「陽性(ようせい)といって食材に限らず世の中は「陰」と「陽」に分かれるのね。
例えば太陽は「陽」ですが、その反対の「陰」は月になるんです。
陰と陽はバランスを保つことで健康なんですね。

便秘によい薬膳レシピ

だから冬の寒さ「陰」が増えると温かいモノを食べるといいんですよ。
しかも鴨はお肌に潤いを与えるんですね。

食材から効能を見ると、
〇シイタケは元気にして香りがよく食欲増進
〇蓮の実・ハトムギは元気にする
〇ユリ根はお肌が潤う
〇野菜は腸をキレイに掃除してくれるので、便秘によい
〇酒と生姜は鴨の臭みを取り体を温める


鴨と蓮の実の煮物

シイタケの旨みとハスノミ、鴨肉、ユリ根、人参、小松菜の色合いとがマッチした煮物でした。
土鍋で煮た方が早く煮えるそうです。

鴨肉と蓮の実の煮物の作り方

<材 料>(4人分)
・鴨肉 500g
・干しシイタケ(小)12個
・蓮の実 12個
・ユリ根(大)2
・ハトムギ(大)1
・ニンジン(中)1本
・小松菜 1束
・サラダ油 小1
・粒山椒 3粒
・水 400cc
・塩 小1
A(酒 大さじ1 / 生姜10g(千切り))

便秘によい薬膳レシピ

<作り方>
(下ごしらえ)
1.鴨肉を4cm角に切り、Aと合わせて20分漬けこむ
2.干しシイタケはぬるま湯(分量外)に1時間つけて戻し、戻し汁は取っておく。
3.蓮の実とハトムギはさっと洗って100ccくらいのむる眉(分量外)に1時間つける。
4.小松菜をキレイに洗い4cm長さに切っておく。

5.鍋を熱してサラダ油をなじませ、鴨肉の皮面を下にして焼く。
6.鴨肉の皮がきつね色になったらひっくり返し、肉全体の色が変わるまで焼く。
7.土鍋に2の鴨肉、干しシイタケ、蓮の実、ハトムギ、人参を入れて戻し汁と水をひたひたになるまで入れ強火にかける。
8.煮立ったら山椒と塩を入れ、弱火にして蓋をし約40分ほど煮込む。
9.最後に小松菜を入れる。


薬膳セミナーの内容まとめ

寒くないと思うけれど、温度差が激しい季節。
室内の温度と外気の温度の差で体調を崩しやすい。
呼吸器や皮膚、大腸などの乾燥は、便秘を招きやすいそうよ。

お肌の乾燥薬膳レシピ

黒きくらげやゴマも便秘やお肌の乾燥にもとってもよいのね。
他にも昆布もむくみや便秘に!

杏仁豆腐の杏仁には咳や痰の薬・お肌に潤いを与える効果があるんですが、本物の杏仁はなかなか手に入らないらしいですが、漢方薬局で販売していることもあるんですね。
その他にも、家庭にある大根を使った薬膳料理。

大根はがんの予防にもなり消化促進や風邪や咳、痰・腸の調子をよくするので便秘によく一番安上りの食材ですって!
大根の種は手に入りにくいけれど、便秘によいそうで薬として販売されていて大莱菔(ダイフクシ)というそうです。
ということで、いろいろ食材はありますね。
基本は食材を煮ることで、温かい料理がよいということですよ。

杏仁豆腐
心に残ったのは、お料理は生き物と思って欲しいと言われましたよ。
電子レンジは体によくないので、土鍋は風味もよく美味しくできるので、なるべく時間をかけて作った方がいいそうです。
便秘によい薬膳レシピ

今回のレシピは、他にもジャガイモのサラダ。
ジャガイモを千切りにして水にさらして、お湯でゆでたもの。
卵のスープと安休茶でした。

便秘によい薬膳レシピ

薬膳はなんとなくとっつきにくいイメージがありますが、思ったことはどんな食材が体の不調にいいかを知ることで、身近にある食材でもできるということ。
最近では百貨店などでも手に入るようになりましたし、まずは大根とか干しシイタケ・生姜・昆布など、台所にある食材で手軽にできると思いましたよ。
特別な食材だけが薬膳ではないと感じました。
食材は変えてもいいんです。自分が冷え性なのか、便秘なのか、暑がりなのか、自分の体のチェックしてみるといいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

家庭にひとり便秘な人いそうですね。少しでも参考になれば嬉しいです。

台風が近づいているので、どうぞ気をつけてお出かけくださいね。
明日もステキな一日をお過ごしくださいね(^^)/~~~


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加