【薬膳豆知識】薬膳では旬の野菜で食べテクで年中体や美容トラブルとは無縁

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新じゃがグリル
Pocket


もう完全にはまっています『ゆる薬膳』。
薬膳というだけでなんとなくとっつきにくく、特別な食材と思いがちな貴方!!!

コンビニでも外食でも食べられない時でも、考えて食べれば体質を変えることができるんです。

スポンサーリンク

春は一年で一番新陳代謝が活発


最もヤセやすい季節なんだそうよ。
旬の食材さえしっかり押さえて季節に合わせた「食べテク」で体をチューニングすれば、体のバランスも整い必然的にヤセやすいカラダになれる!!

春は解毒作用のある天然デトックスフードがオススメ!

薬膳すしケーキ

先日友達の誕生日をお祝いするために作った「すしケーキ」
この中にタケノコや青じそたっぷり入れて、お米は十五穀米を使ったのね。一緒に食べるとよいイカも入ってる~♪

わかめと昆布の吸い物に木の芽というメニューを作ったのよ。(ごめんお吸い物の写真をすっかり撮り忘れていた 泣)

セリ、菜の花、ヨモギ、ぜんまい、タラの芽、蕨など老廃物を追い出す食材を食べる習慣。タケノコは便秘にもおすすめの解毒食材なのね。
特に春のエクササイズは効果が出やすいそうよ。

ゆる薬膳はじめたらするっと5kgやせました
⇒「ゆる薬膳」関連記事

季節ごとの効果的な食材さえ「コーディネート食い」を必死に食べていれば、美ボディになれるというのが
池田式ゆる薬膳の食べテク!

こんなキレイなお顔で言うことはオヤジギャグ(笑)



外食&コンビニでも食材は隠れている


外食ならば菜の花の辛し和え、フキの煮物、ウドのきんぴら、山菜そば、山菜おこわ、タケノコの煮物、中華ならばチンジャオロース。

コンビニでゆる薬膳を探すなら、まずはお惣菜、サラダコーナーから具材の捜査開始。
カップみそ汁やスープに海藻、キノコ類、小魚やシーフードを、もし見つからなければおでんコーナーの昆布巻きや大根、しらたきもOK。

という訳で、どこにでもありそうなモノでも旬ならではの食材で取ることができるんですよ。



春スリムの効果的な方法


デトックス食材に加えて臓器『肝』のパワーアップ食材との組み合わせ。

薬膳 かき

その食材とは、アサリ、ハマグリ、帆立、イカ、カキ、とのコラボ食いでさらにスリム化!
そう、薬膳は食材の食べ合わせでさらに効果的なのね。



5月の旬の新じゃがレシピ


5月は新じゃがおいしいですよね。
そのまま蒸しただけでもホクホクしてさつま芋みたいだけど、ハッセルバックポテトを作ってみましたよ。

新じゃがグリル

1.洗ったジャガイモの両端に割り箸を置いて包丁で5mmくらいの切り目を入れる。(ただし切り落とさないでね。)
 アコーディオンみたいになります。

2.流水に約1~2分間さらす。(デンプンを落とすとくっつかないしアクをとることで黒ずみを抑える)

3.オリーブ油に塩・こしょうを混ぜてアコーディオンになった間にたっぷりかける。

4.余熱したオーブンに入れて220℃で約40分焼く。

5.出来上がったジャガイモにパセリをかける。


新じゃがグリル

これだけでも十分おいしいのよ~♪
特別な食材でなくても手軽な食材で薬膳は楽しく取り入れることができる!!

「ゆる薬膳」を読んでから、薬膳のイメージがガラリと変わり、楽しめるようになったのね。
体にいいことはみんななんとなく感じていても、難しく考えてしまうのは、中医学のことをあまり知らないからだと思うのね。

もちろん、いろいろ組み合わせたい食材で、手に入りにくい食財もあるからね。
そんなイメージを一新してもらいたくて、できる限り身近な食材だけで取り入れることができるんだぞ!!ということを知ってもらいたいな~(≧▽≦)


最後までお読みくださりありがとうございました。

ステキな一日をお過ごしくださいね(^^)/~~~



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加